アンビリーバブルな記事をお届けするで~!

ライフハック

投稿日:

「虫歯」予防は日々のメンテナンスが重要になります。

 

効果的な虫歯予防を歯科衛生士さんに聞いてみた。

 

教えていただいたことと、調べたことをまとめておきます。

 

虫歯の原因や効果的な歯磨きの方法・タイミングなどをまとめていきます。

 

歯を失う主な原因

 

虫歯

 

歯周病

 

現在、日本人の80%が虫歯を持っており日本で最も多い病気が歯周病と言われています。

 

歯周病の有病率は20代で約7割30~50代で8、60代では約9割に達すると言われています(個人的には、そんなに有病率が高いということが信じられない。)

 

歯周病の患者数は男性約137万人、女性194万人

厚生労働省の平成26年患者調査

 

歯周病の原因となる歯周病菌は口腔内の毛細血管から全身に広がり、脳卒中・心筋梗塞の原因にもなります。

 

虫歯の原因は糖

 

ブドウ糖や果糖などの糖類から虫歯の原因になる酸は作られます。

ちなみに一番酸を作りやすいものはショ糖。

 

プラーク

歯垢(しこう)と呼ばれるもの。口の中の菌が糖分を分解して作られるもの。

プラーク1gに1億個以上の菌がすみついている。

 

脱灰

食べ物が口の中に入ると、2~3分でプラーク(歯の表面の汚れ)が酸性に傾いて、歯の表面を溶かし始める。

 

脱灰はプラークがついている歯から始まります。

 

再石灰化

その後、唾液の力で20~40分かけて歯の表面を元通りに直していく。

 

再石灰化で歯の表面が元に戻る前に食べ物が口の中に入ってくると再び脱灰が始まるため、歯の表面はドンドン溶かされてしまう。

 

虫歯になりやすい人の特徴と原因

 

虫歯になりやすいかどうかは、ミュータンス菌という虫歯をつくる一番の原因菌が鍵を握っています。

 

実は、産まれたばかりの赤ちゃんにはミュータンス菌はいないが、一度口に住みついたミュータンス菌の数は減らないという特徴がある。

 

虫歯菌の感染を防ぐ方法

①直接キス

 

②親が使った箸やスプーンで食事を食べさせる(間接キス)

 

これらが原因で子供の口内にミュータンス菌が住みついてしまいます。

 

口の中にミュータンス菌が全然いない人と100万以上の菌を持っている人が分かれ、数が多いほど人ほど虫歯になりやすい環境がつくられる。

 

幼少期に両親からこのように育てられた方ほど、虫歯になりやすいという悲しい実態があります。

 

なんてこった・・・

 

唾液のすごい働き

 

洗浄作用

歯の表面の汚れを洗い流す

 

抗菌作用

プラークをつきにくくする

 

抗脱灰作用

酸を中和し、中性にすることで歯が溶ける働きを低下させる(再石灰化促進)

 

食事の際は、よく噛んで唾液の分泌量を増やすことも大事です。

 

食後に舌を使って、歯を磨くことも効果的だそうですよ。

 

最も虫歯になりにくい歯はココ

 

下の前歯は圧倒的に虫歯率が低いそうです。これは、唾液腺が下の前歯の裏側にあることに関係しているんだとか。

 

唾液の分泌量は人によって違います、加齢に伴って唾液量が減り虫歯になりやすくなる傾向にあるそうです。

 

いかに唾液の分泌が虫歯予防に繋がるかということが証明されていますね。

 

ガムは虫歯予防に最適なアイテム

 

昔からガムは虫歯予防によいとCMまでされていますが、いったい何でだかご存知でしょうか?

実はキシリトール入りのガムは菌に酸を作らせないように働きかける作用があるのです。

 

食後から歯磨きまでの間にガムを噛むことで唾液の分泌を促し、歯の再石灰化を促すことができるからということになります。

 

歯みがきのベストなタイミングはいつ?

 

実は、食後すぐに歯磨きをするのは良くないと言われているんです。

 

食後すぐ歯磨きをするとダメな理由

 

  1. 食事で糖分を摂取することにより、口腔内pHが酸性に傾く。

 

  1. 歯の成分のリンやカルシウムが唾液に溶け出して歯が軟らかくなる。

 

③酸によって歯の表面が解け始めているところを歯ブラシで磨くと、余計に歯が削られてしまう。

 

という流れです。歯が削られてしまうのは恐ろしいですね。

 

また、強くブラッシングすることにより歯の根元がえぐれてしまったり、歯ぐきが傷つくことで、歯周病が悪化するリスクにつながるそうです。

 

ちなみに脱灰で酸性に傾いた歯が、再石灰化するまでに20~40分かかると言われています。

 

こういったメカニズムを踏まえ、歯磨きのベストタイミングは

 

食後30分後くらいに歯を磨くと良いということでした。

 

フッ素(フッ化物の力)で虫歯予防

 

フッ素(フッ化物)はあらゆる飲食物に含まれていて、我々の身体の中にもある物質のことです。

 

成人の体内には約2.6g存在していると言われ、国内の歯磨き粉の約90%には、フッ素が含まれている。

 

 

フッ素の働き

 

フッ素は歯の再石灰化を促し、酸に強い歯を作る手助けをする働きがあります。

 

再石灰化とは

 

脱灰

食べ物が口の中に入ると、2~3分でプラーク(歯の表面の汚れ)が酸性に傾いて、歯の表面を溶かし始めます。

 

歯の再石灰化

その後、唾液の力で20~40分かけて歯の表面を元通りに直していきます。

 

再石灰化で歯の表面が元に戻る前に食べ物が口の中に入ってくると再び脱灰が始まるため、歯の表面はドンドン溶かされてしまいます。

 

この再石灰化の時にフッ素が歯に取り込まれて、歯の質自体が酸に強くなるという特徴があります。

 

結果、虫歯になりにくい状態を作れるということですね。

 

効果的な歯磨き粉の使い方

 

歯磨き粉にフッ素は含まれているのになぜ虫歯になるのかというと

 

フッ素は歯の表面にとどめておくことで効果を発揮するものなので、歯磨き後に口をゆすぎ過ぎると効果が大きく減ってしまうからです。

 

歯みがき粉の選び方

 

 

歯磨き粉の中には、研磨剤入りのものがあります。

 

これらは歯の着色汚れを落としてくれるということで人気がありますが、歯の表面のエナメル質を削ってしまうデメリットがあります。

 

特に、たばこのヤニをとるための歯磨き粉の研磨剤は強力であるため、必要以上に歯を削ってしまう原因になるそうです。

 

着色する原因行動をやめない限りは着色し続けるため、繰り返せば歯がドンドン削られてしまうという悪循環は終わりません。

 

ホワイトニング・ステイン除去の歯磨き粉を使用して歯を白くすることよりも、着色してしまう原因の方に着目する方が賢明といえますね。

フッ素入り歯磨き粉で虫歯予防

 

小難しくいうと、

 

フッ素による再石灰化が加わることで歯の表面にあるアパタイトという成分がフルオロアパタイトという強固な成分に変化するため強い歯になる効果が期待できるというメカニズム。

 

だそうです。

 

日本では、フッ素入り歯磨き粉が普及した90年代以降、虫歯の子供数が減少傾向にある。

 

12歳の永久歯の虫歯の平均本数

1984年度は4.75本

2015年度は0.9本

 

※文部科学省 学校保健統計調査

 

フッ素の力を最大限に生かすための歯磨き方法

 

  1. 歯磨きをし、うがいもする
  2. 歯ブラシに歯磨き粉を多めにつけて歯に塗る
  3. うがいを軽く1度だけする
  4. 歯磨き後30分以上、うがいや飲食を避ける

 

フッ素入り歯磨き粉を使用して歯磨きをした場合は15㏄ほど水で15秒間1回だけうがいをするにとどめることがポイント。

 

何度もうがいをするとフッ素が外に出て行ってしまうので、口腔内にとどめるためには、うがいを1回にした方が良い。

 

一番良い方法は、就寝前の歯みがきでこれを行うこと。

 

1日何回の歯みがきが理想か

 

現役歯科医の森昭医師は著書の中で「毎食後の歯磨きは、歯と歯茎にダメージを与え続け、歯の喪失だけでなく全身疾患のリスクを高める」と書いていました。

 

著書:歯は磨いてはいけない(講談社刊)

 

「えっ!?歯を磨いてはいけないの!?」と思って読んでみましたが、このタイトルは過剰な表現でした。

 

実際は、「歯を磨いてはいけないのではなくて、毎食後の歯みがき・食後すぐの歯みがきをすると歯が削れるうえ、歯周病のリスクも高まるから良くない」と書かれていました。

 

森医師によると、起床時と就寝前にキチンと磨けばよいとのこと。

 

このキチンとというのは、プラークが溜まりやすい「歯と歯の間」「歯と歯茎の間」をしっかりとブラッシングすること。

 

そして、ブラッシングだけでは除去しきれないプラークは歯間ブラシを使用して除去することが重要になる。

 

 

デンタルフロス・糸ようじの重要性

 

歯間のプラーク除去率でみると、一般的な歯ブラシでは60程度、フロスや歯間ブラシでは80~90%と言われています。

 

歯間ブラシ・フロスの使用注意点

 

乱暴に歯間ブラシやフロスを使用してしまうと別の弊害が起きてしまうことがあります。

 

歯間に糸を入れる際に歯肉にダメージを与えたり、歯と歯肉の間にプラークを押し込んでしまう原因になるので、強い力で行わないことが重要となります。

 

歯肉が傷つくことで歯ぐきが痩せ、歯の根っこが見える歯肉退縮という現象が起こります。

 

こうなると歯と歯の隙間が広がり、虫歯や歯周病が進行する原因となってしまうため注意が必要ですね。

 

歯ブラシだけでは除去しきれないプラークは歯間ブラシ・フロスを使ってキッチリ落としておきましょう。

 

まとめ

歯は二度と生えてきませんから、失う前に虫歯予防をしっかりしていきましょう!

 

-ライフハック

Copyright© 要チェックや!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.