アンビリーバブルな記事をお届けするで~!

生活の知恵 調べてみた

自転車を無料・激安・格安で手に入れる方法と注意点まとめ

更新日:

どうも、ぴこイチです。

みなさん、自転車のメンテナンスしてますか?

先日、自転車のブレーキのキィィィ!という音が叫び声に聞こえました。

数年乗り続けた結果、ガタが来ているぞと教えてくれたのかもと思っています。

 

この叫びは壊れる前兆かも

ということで、新たな自転車を格安でゲットする方法をまとめたから、みんな要チェックや‼

 

自転車を無料・激安・格安でお得に手に入れる方法まとめ

 

ジモティーでもらう

 

0円でもらいたい場合、真っ先に浮かぶのがジモティーです。

 

一時期けっこうCMもしていたので、知っている人も多いかもしれません。

 

ジモティーは不用品を0円でもいいから引き取ってよ!という人が手軽に利用できる無料で登録できるサイトです。

 

(0円だけではなく、値段がついている物も多数あります。)

 

地元の方を相手に引き取りに行けるのであれば、運が良ければ0円で自転車ゲーット!!となるわけですから、最高ですよね。

 

でもね、世の中そんな甘くないです。

 

ハッキリ言いますが、ジモティーはやめた方がいいですね。

 

ハッキリ言って、出品されているもの自体の質が低すぎます。

本当に粗大ごみレベルものもばかりだったり。

 

そりゃそうですよね。【0円で手放したい物なんですから】粗大ごみで出したらお金かかるし。

 

そして、何より利用している人の質が低すぎッ!これが一番アカン!

ヤフオクやメルカリに比べても、圧倒的にヒドイ。

 

ちゃんとコミュニケーションが取れない方とか、ドタキャンする方ばっかりでガッカリしますし、疲れます。

 

基本的に0円とか無料に集まっている人ということは、そういう人ばかりということですね。残念ですがこれが現実ッ!

 

偏見だ!という意見が出そうですが、実際に使ってみればわかりますよ。ホントにそうなんですよ・・・。

 

長いことヤフオクなど有料のサイトを使っていますが、天と地ほどの差がありますよ。

 

連絡つかなくなるとかドタキャンなんてそうそうありません。

ヤフオク・メルカリで探す

そもそもの話になりますが、自転車の個人間での取引は正直オススメできません。

 

何より送料が高くつきます。

それと、だいたいの場合はメンテナンスがされていないどころか、パンクや故障個所があることが当たりまえ。

ロードやクロスバイクであれば、自転車好きな人が整備してくれている場合もありますが、基本的には長く乗られていたものですから、確実にガタが来ているものと言って間違いないでしょう。

 

フリーマーケットでゲット

フリマも個人が使っていたものを売り物としているので、どこかしらガタが来ている可能性が高いです。状態が良いものを出品するなんて、普通ありませんよね。引っ越しで絶対いらなくなる人以外は。

 

聞けば教えてくれる場合もあるでしょうが、基本的にはあまり分からないでしょう。

持って帰ってから数日で不具合が出てきたなんてことにもなりかねませんし、そうなると結局自転車屋にもっていってメンテナンスしなきゃいけません。

 

リサイクルショップ

リサイクルショップでも比較的キレイな自転車が売られていることがあります。

ただ、これも整備されているかどうかは微妙なところです。

 

個人で販売されているものよりはマシでしょうが、基本的にアフターサービスをしてくれるところはありません。

 

結局のところ、何かあった場合は自転車屋にお願いすることになります。

そして、一番の問題は安くないということですね。整備してあったとしても、お得感は低いでしょう。

 

自転車を運ぶ方法

ネット等を利用して安く購入できたとしても、最大の難関は運ぶ方法がやっかいということになります。

最大の問題は配送料ですね。

 

宅配業者に依頼する場合の送料

 

クロネコヤマトの宅急便の場合、

「宅急便」の場合、縦・横・高さの合計が160cm以内の物

「ヤマト便」であれば3辺の合計が200cm以下であればOKですが、大人が載る自転車はサイズオーバーになってしまいます。

 

このサイズを超える場合は「ラクラク家財宅急便」というサービスを利用します。

これは3辺合計と運送距離で送料が決まるという特徴があります。

自宅まで集荷に来て梱包もしてくれるので楽ですが、けっこう送料が高いです。

 

仮に自転車の3辺合計が350cm以内とすると、送料は以下の通りになります。

・東京~大阪(約500km) 19,170円
・東京~札幌(約900km) 25,758円

となります。

 

もう、これでは新品を買った方が安いですね。

ママチャリは基本的には分解できないので、送料がかかりますね。

 

クロスバイク・ロードバイクは、分解して専用の袋に入れて持ち運ぶ「輪行」という手段があります。

この輪行を利用すると小さいサイズで送れるので送料は大分下がります。

 

自転車を納める輪行袋に入れて発送する場合

3辺合計が220cm~240cmくらいだとすると、ヤマトのラクラク家財宅急便で東京~大阪間でも約8,700円になります。随分安くなりましたが、送料と考えると高いですね。

 

コチラのサイトが参考になります

大きな荷物を送りたいときに利用できる引越以外の5つの方法

 

自転車はそのまままでは電車に乗れない

たとえば、少し遠方で良い自転車を格安で譲ってもらえることがあったとしましょう。

そこから家まで乗って帰るには遠い場合、電車やバスに乗っちゃえばいいじゃん!と考えると思いますが、これがアウトなんですね。

 

実は電車やバスは自転車そのままの姿では同乗・持ち込み不可なんです。

(そもそも輪行袋は、電車やバスに乗せて運ぶために使うものです)

 

人間が裸で電車に乗れないのと一緒です。ただ、自転車の場合は、袋に入れてあげても、そのままでは乗れません。

分解して小さくしてあげないと乗れないのです。つまり、ママチャリは原則乗れないってことですね。

 

だから、わざわざ工具を持って現地に出向くか、譲ってくれる方がそのような協力をしてくれないと持って帰れないということです。

なかなか面倒ですね。

 

初めてロードバイクやクロスバイクを手にする人は分解してもらっても組み立てられなかったりしますから、けっこう面倒な事態ですよね。

自転車を分解して小さくコンパクトに分解して発送すればしまえば、もっと安く済む場合もありますが、当然手間がかなりかかります。

 

ちなみに佐川急便の場合

佐川急便の場合ですが、こちらは自分で輪行袋(箱)を用意しておく必要がありますが、送料は少しお得です。

例えば東京~大阪間では

 

3辺合計

240cm:4914円

220cm:3834円

200cm:3294円

 

他にも配送業者やサービスはありますが、他県から自転車を発送するとなるとだいたい5000円くらいはかかるという感じになります。

それだけの送料をかけてまで欲しいものは、個人とのやり取りではまず見つからないでしょう。

相手がやってくれないことも十分に考えられます。

 

ダメ、絶対!放置自転車をもらっちゃう作戦

駅やゴミ捨て場なんかに鍵がかかっていない自転車が放置されている場合がありますよね。

 

ちなみに

国土交通省によると、1年間に撤去される放置自転車は120万台!

放置自転車は一時保管所に運ばれますが、持ち主が引き取りに来なかった場合は自転車リサイクル業者に渡ります。

こういった会社が買い取っているのです。

 

あとは、13000㎞離れた異国の地ガーナに運ばれて、現地で売りさばかれます。

Made In Japanは人気だそうです。すごいね。

 

話が逸れましたが

 

いくらパンクしていたり、ボロボロで捨ててあっても、捨て猫と違って持って帰ってはいけません。

外に放置されているものは、盗まれた上に乗り捨てられた可能性があります。

これを、ゴミと判断して整備して乗っていたとしても盗んだとみなされてしまいます。

放置自転車を警察に届けると合法でもらえるか検証した結果。窃盗?違法?逮捕?注意点は

 

防犯登録シールはがしてしまえばバレない?

いやいや、防犯登録シールはがしちゃえばバレないじゃん!って思いますよね。

 

いいえ、バレるんです。

防犯登録シールはキレイにはがれにくくなっています。

 

キレイにはがれないからカッターで削ったりする方もいるくらいです。

僕もやってみたことがありますが。逆に凄く目立ってしまった経験があります。

 

仮に跡形もなくキレイにはがせたとしても車体番号があるので、それを照会されてしまうと盗難車の場合バレます。

スプレーで自転車の色を変えてしまっても結局は同じ運命です。

だから自転車を盗んで乗るという選択はしてはいけないのです。

 

盗んだ場合、どういうことになるのか

もちろん、警察に捕まります。

自転車窃盗罪にあたります。

「放置されていたものを拾って乗っていただけだ」という定番の言い訳はモチロン通じません。

 

いい大人がやることではありませんね。

詳しくは弁護士さんの回答を要チェックや‼

 

参考:弁護士ドットコム

整備していない自転車では事故の危険がある

自転車といえども、命を預ける乗り物には違いありません。

 

安いものを手に入れることが出来れば、一時はお得ですが大けがをしてから後悔しても遅いのです。

下り坂でパンクやブレーキが効かなくなるなどして転倒したら大ケガです。

 

僕は、若い時にブレーキの効きが悪かったために下り坂で転倒したことがありますが、ものすごく痛い目に遭いました。

買ったばかりのジーンズがダメージジーンズになってしまいましたから・・・

転倒してその後に車に轢かれたりする可能性もありますし、ケガで済まない大惨事になってからでは遅いですからね。

 

★まとめ★

 

結局のところ、自転車はどこで手に入れるべきか

結論として、ちゃんと整備されている物を自転車屋や、自転車をリサイクルしている業者などで購入するべきでしょう。

 

安物を買って一時は得をしても長い目で見ると、その損失の方が大きいという結論です。

安物を買って大惨事になるくらいなら、ある程度お金をかけて自転車を手に入れた方が総合的には良いでしょう。

 

そして、状態の良い自転車で快適に過ごすためには、定期的にメンテナンスをしましょう。

バイクやクルマ好きの方は、よくメンテナンスをすると言います。その時はお金がかかっても、その方が良い状態を保っていられることを十分分かっているからですね。

 

では、これから自転車で自転車をチェックしてきます!

それでは、また

明日も要チェックや‼

-生活の知恵, 調べてみた

Copyright© 要チェックや!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.