アンビリーバブルな記事をお届けするで~!

テレビ色々まとめ

NHKで応援団強制参加の異常な会社の実態が放送される。ブラック企業か?

投稿日:

NHKで応援団強制参加の異常な会社の実態が放送される。ブラック企業か?

 

2018年8月26日 朝6時15分からNHKで放送された番組が衝撃的だったのでまとめます。衝撃を受けた方が大勢いらっしゃることと思われます。

目撃!にっぽん「配属先は“応援団”?~鷺宮製作所 新人たちの夏~」

社会人野球の頂点を決める都市対抗野球。東京都代表の強豪、鷺宮製作所は従業員1200人の自動制御機器メーカーだ。この会社、ユニークな制度を導入している。新入社員は皆、強制的に応援団に参加させられるのだ。社会人の心構えや会社への帰属意識を養うのが狙いだが、新人たちは「資格の勉強がしたい」「仕事を早く覚えたい」など疑問を持つ者も。彼らは大会を通じて、何を感じ、学ぶのか?新人たちのひと夏を見つめた。

目撃!にっぽん

 

応援団強制参加の企業の概要

会社側の思惑

新人に対し【社会人の心構えや会社への帰属意識を養うのが狙い】

(目標に向かって、どういう風にやっていくかの過程が大事であり、それを応援団の中で学んでもらいたい)

とのこと。

 

しかし、面接時に説明はなく入社してから新人は強制で応援団の活動をさせられるという点が一番の問題だ。

実際、入社後に新入社員は不満を感じていた者もいる。

「エンジニアとして入社したわけであって応援団をやりたかったからではない」という新入社員の意見は至極正論だ。

 

一方、上司としては「最近の若者は、納得しないとやらない」と頭を悩ませていたが、入社前に説明がないことが根本原因になっているとは分からないのだろう。事前に応援団をやるとは聞いていたが、これほどまで辛いとは思わなかったという意見ならまだしも・・・事前に説明がなかったら不満に思わない方が不思議だ。

 

何故、事前説明がないのだろうか。早い話が、そんなことをすれば応募者が少なくなってしまうからだ。

上記のことを学ばせるとしても、応援団である必要はないのではないか。

結局、教育うんぬんは後付けの理由で、応援団を自主的にやろうとする人がいないから強制参加させているだけにしか思えない。

 

応援団の活動

活動は業務扱いで残業代が出る。

活動は休日を含む週3日で、休憩時間に"自主的"練習も行っている。

 

応援団の活動をまとめると・・・

 

野球の応援のために昼休みや休日に練習に駆り出され、大声で応援活動、炎天下での腕立て伏せなどの筋トレを強制でさせられる。

そういった野球の応援活動を通して「社会人」として「成長」でき、企業への「帰属意識」が育まれることにつながる。

ということらしい。

 

新入社員の思考の流れ

入社時は理解できず不満を抱える

上司による説得と強制的な応援団の活動

応援団の活動を目の当たりにする

次第に納得させられていく

「前回までは消化試合で、とりあえず終わらせればいいかと思っていたが、そういう感じはなくなりました。」

応援団をやっていて意味がありました。良かったです。

 

応援団による新人教育プログラムが見事に大成功★

 

番組を見たtwitterの皆さんの声

 

 

まとめ

番組のまとめ方として、予想通りキレイに美談的な仕上がりになっていたので紹介する。

応援団の活動に不満を持っていた社員の言葉

入社当初は不満を持っていた社員の言葉が、番組の最後には大きく変化していたことが印象的だった。

 

「学生の間って嫌なことがあっても逃げられるじゃないですか。けど絶対にやんなきゃいけないという環境の中での立ち向かい方は分かったのでこういう経験ってどこかで応用がきくというか絶対に一過性じゃない。今後どこかで似たシチュエーションがあればそこで適用できるというかまた同じようにやればいいなとなる。そういう面では今後、ずっと使えるというか役に立ち経験を得られたと思っているので、そういう面で全体的にはプラスっていう評価です。僕の中では。」

 

当初は不満を持っていた社員が、放送の最後では非常にステキな笑顔で話されていたことが印象的だった。

こういう思考にさせられた結果、過労で倒れたり、過労死するまで働きつづけてしまう社員ができあがるのだろう。

 

無理やり美談のような仕上がりになっていたけれど・・・客観的に観て最後まで異常だとしか思えない内容だった。

放送終盤の時点で当初のような不満を漏らしてしまったら自身の職場での待遇に悪影響が出るだろう。

 

最初はマイナスのことを言っておいて、後からプラスのことを言えば印象が良くなるわけだから、良いように解釈したことにするだろう。

どれほど納得できず不満を持っていようとも。

もしかしたら、上司の力によって本当に良い解釈ができたのかもしれないが・・・

 

このような会社がNHKで放送されたということは、会社側は異常なことをしているとは考えていないのだろう。活動自体は業務と見なされ、残業代も出ているということはブラック企業とまでは言えないのかもしれない。

 

ただ、事前説明もなく強制的に応援団の活動をさせられるというのは異常としか思えない。

そう思っていない企業だからNHKで放送されたのだろうが、おそらく来年度の応募者が激減して気が付くのだろうな。

 

来年度からは希望して応援団に入り、素晴らしい応援団で社会人として大切なことを学びたい社員を採用してほしいと願う。

 

黒はダメ!グレー企業の経営は究極の生き残り戦略だ。ブラック企業対策に

蛭子能収は芸能界一のクズ説 水曜日のダウンタウン

-テレビ色々まとめ

Copyright© 要チェックや!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.