最新の非常食が進化しすぎでヤバイ!水もレンジも使わず熱々が食べられる時代に。


f:id:namaketiger:20160630121457j:plain

まいど、おおきに! 

非常食を期限前に食べてしまいがち、なまけタイガーです。

 

9月1日は防災の日!  

 

東日本大震災から早、5年が経ちましたね。

 

もはや地震大国の日本では、いつ、どこで大地震が起きるか分かりません。  

 

みなさんは、非常食備えてありますか?

 

非常食と言えば、カンパンやリッツなどのビスケットが定番ですよね。

 

僕は特にリッツが大好きです。

www.yocheckya.net

 

テレビ(ヒルナンデス)で紹介された最近の非常食が進化しすぎてすごかったので、ご紹介します。 

 

缶deボローニャ  

3年の長期保存が可能

缶切り不要で、衝撃にも強いため、登山や旅行にも最適


バリエーションは、定番のプレーン・みんな大好きなチョコ・香りもおいしいメイプルの3種類

 

マジックパスタ カルボナーラ

災害時に限って、カルボナーラ食べたくなるんだよねぇって方に朗報です。

 

なんと水だけで食べられるカルボナーラ! 

熱湯3分 水で20分 (スプーン付き)

 

レスキューフーズ カレーライス

水も電子レンジも使わずにホカホカのカレーが食べられるスグレモノ!

 

①専用のビニール袋に発熱剤を入れる

②ごはんとカレーを袋のまま入れる

③発熱溶剤をビニール袋に入れると、熱くなる。

 

あとは20分待つだけ!

 

IZAMESHI 出汁のきいた牛丼  

 

 

賞味期限は3年!

 

お米と牛丼の2つの袋を混ぜるだけという超簡単なもの。

 

すら使わないというスグレモノ。

 

お米はアルファ化米を使用しています。

 

アルファ化米は、水分を含ませることで、ふっくらとした炊きあがりのご飯になるお米のことですね。

 

牛丼の具をご飯に入れるだけで1時間後には、ふっくらした出汁たっぷりの牛丼が完成。

 

加熱も水もいらない、混ぜるだけで完成のパーフェクト非常食といえますね。 

 

まとめ

もはや日本はどこにいても大地震により被災する可能性があります。

 

実際に被災した友人は、カンパンばかりではすぐに飽きてしまうと言っていました。

 

色々な食材を買っておくと良さそうです。

 

水と食料は最低でも3日分は確保しておくと安心と言われています。

 

備えあれば憂いなし!

しっかり大地震などの災害に備えておきましょう!

 

合わせて読みたい関連記事

www.yocheckya.net

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする