2018年日経トレンディヒット予測TOP10!


無類のトレンド商品好き、ぴこイチです!今年もこの季節がやってきました!

2018年にヒットするであろう商品TOP100が発表されましたが、その中でも気になるTOP10をご紹介!

ちなみに2017年はコレが来た!

1位:ニンテンドースイッチ(外では携帯型、家では据え置き型のゲーム機。品切れが続出)

2位:明治ザ・チョコレート(かおりや味の異なるカカオ豆の特徴を前面に押し出した商品)

3位:クラウドファンディング(ネットで出資を募る)

4位:ミールキット(下ごしらえや味付けを終えた食材のセット販売)

5位:ビットコイン(仮想通過)

これで流行を先取り!2017年ヒット予測ベスト30と2016年ヒットベスト30振り返り!日経トレンディ

それではさっそくTOP10をみていきましょう!要チェック!

2018年日経トレンディヒット予測TOP10!

スポンサーリンク



10位:みな得フードシェアリング

アプリ:TABETE

現在はテスト運営中で、15店舗、登録者1100人。

飲食店が余分に作りすぎたり、余った料理を「処分価格で提供」してくれるアプリ。

飲食店側も利用客も得をする。そして、廃棄される食材・料理が減るため社会的な問題であるフードロスの削減にもつながる優れたアプリだ。

気軽に社会貢献できるアプリと言える。

9位:即席パーフェクト・ヌードル

1食で31種類の栄養素が摂れる即席麺

作り方は簡単!

お湯を注いで3分、そこにソースをかけるだけというもの。

糖質は一般のパスタの半分、カロリーは30%オフ

大手コンビニが目をつけているので、早ければ来年1月から販売の予定となっている。

食べた人の感想「腹持ちは良さそうです」

8位:遠近“スイッチ”メガネ

内側についているスイッチを押すことによって、遠近両用に切り替えられるメガネ

7位:走って戦うジュニアシューズ

2018年春に販売予定

靴の中にセンサーが入っており、スマホアプリと連動するようになっている。

実際に走ったり跳んだりした運動量によって、アプリ内のゲームが進むという仕組みだ。

6位:UMAMJI家電

手軽に低温加熱ができる調理家電。低温加熱で肉の「うまみ」を出すことができる家電だ。

従来の低温加熱機器はホテルなどにしかなく、設備に200~300万円ほどかかってしまっていたため、一般の飲食店が導入することが難しかった。

これがあれば簡単に低温加熱料理ができる。

使いかた

①UMAMI家電を水の中に入れ、温度を設定

②味付けした肉をジップロックなどに入れ、水の中にいれておく

③放置

あとは5時間放置するだけでOK

※鳥のささみ肉に、UMAMI家電を使うと、しっとりとした肉に仕上がるそうですよ!

5位:ハイドロ銀チタン

花粉・カビ・不快な臭いを撃退する新素材。

洋服やタオルに使用するために現在、50社以上の会社が商品化を進めているという。

2017年はレノア本格消臭が爆発的に売れましたが、そもそも服やタオルの素材自体が臭わないなら、それが一番いい感じはしますね。

4位:日本流グローサラント

グローサラントとは食品スーパーを意味するグローサリーと+レストランを組み合わせた造語

食品売り場と体験型レストランが融合したもの。

成城石井やイオンが本腰を入れている。

3位:疲労回復ジム

吉祥寺にあるフィットネスジム(ティップネス吉祥寺)

まずは身体の調子を測定するところから

専門の機械で心拍数や自律神経の状態をチェック

その上で、トレーナーが身体の調子によって、鍛えるか、疲労回復をするかを提案してくれる。

調子がいい日:ハードトレーニング(2階)

調子が普通の日:軽めの全身運動、ストレッチなど(3階)

疲れている日:疲労回復メニュー(1階)

疲労回復メニューの内容

座った状態で遠赤外線効果で身体の内側から温めて、からだの こわばりがある肩・首回りをほぐしていく。

その後、仰向けになり自動整体機で身体の内側から調子を整えていく。

平日は仕事帰りの人でいっぱいになっているんだとか。

2位:熱狂ライブコマース

ネットでライブ動画を配信し、商品を紹介・販売するネット通販のこと

Cチャンネルやメルカリなどが参入

売り手と買い手が直接やりとりをしながら売買をしていくもの。

ネット通販の気軽さと、相手が見える安心感がウケている。

今後は、参入企業が増えてくる見込みとなっている。

1位:マルチAIスピーカー

人工知能が搭載されているスピーカー

話しかけるだけで、ネット検索や家電の操作ができるスグレモノ

年内のうちにソニーやアマゾンからも発売される予定になっている。

選考基準

※日経トレンディが発表した2018年ヒット予測ベスト20の選考基準はどのようなものなのでしょうか。

選考基準

①「新しい市場を形成する可能性がある」

②そのジャンルの売り上げ高が伸びる可能性がある

③消費者のライフスタイルを変える可能性がある

④追随商品の登場などの業界への影響力がある

この4点を総合的に評価して選考しているそうです。

日経トレンディの編集長は「来年ではなく再来年にヒットするものも入っているかも」と言っていました。

2018年には、生活を大きく変えるようなサービス・商品が出てくる感じがしますね。

今後ヒットする商品・サービスから目が離せません!要チェックや‼

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする