ワン・シング 一点集中による驚きの効果 書評 THE ONE THING


まいど、ご訪問ありがとうございます。なまけタイガーです^^

 

著者であるゲアリー・ケラー氏は不動産業界のカリスマ的存在であり、「一つのことに集中する」が本書の最大のテーマになっている。

 

彼は事業が傾いた際にコンサルタントのアドバイスを受け、「一つのこと」に集中した。結果、一代で全米最大の不動産会社を築くという偉業を達成したカリスマである。

 

それこそが望むものを手に入れる最善の方法であり、驚くほどの成果が上げられると著者は言う。

 

本書は正直、比較的難しい内容であり、スラスラと読み進めていけるほどサラッとした内容ではないと感じる。

 

しかし、「目覚ましい成果を手にするために」どのように目標を立て、考え、行動すべきか等、事細かく方法が書かれている。 本書を読み進めながら「実際に行動に移せば」自然と成功への道筋が見えてくるようになっていると感じた。

 

要チェックやと思ったポイントを厳選してまとめていく

 ※【】内、本文から引用

① 何が重要かを知るため自問する

 

自分にとって重要なものについて自問することを習慣化する。それがどんな結果をもたらすのかを考える。

 

例)仕事編

【確実に目標を達成するために、半年以内にそれをすることで、他のすべてがもっと容易になるか不必要になるような、私ができる「一つのこと」は何か?】

 

人間関係編

【両親への感謝を表すために、私ができる「一つのこと」は何か】

 

このように考えていくことによって、実際に自分自身がするべきことが明確になっていく。

 

② 「いま」に向けた目標設定をする

 

これは、将来の目標を設定し、そこから順に逆算して、いま現在何をすべきかを考えようということ。

 

例えば、最終的に将来やりたい「一つのこと」を設定し、そこに向かって「いま」から

 

5年の目標

        ↓

1年の目標

        ↓

1ヶ月の目標

        ↓

1週間の目標

        ↓

1日の目標

と設定していく方法だ。 目標を細分化することで、各目標をもとに私ができる「一つのこと」は何かを明確にすることできる。

 

そして、「いま現在」何をすれば良いかが明確になるということが言えるだろう。 この細分化しておくことがポイントと感じる。

 

例えば、将来の目標のために今私が出来る「一つのこと」は何か。と考えた場合、あまりにも遠すぎて、やるべきことが明確に出来ないだろう。

 

③ マルチタスクは効率的という嘘

 

【人は歩くことと話すこと、あるいはガムをかむことと地図を観ることのように、一度に二つかそれ以上のことができる。だが、同時に二つのことに集中することはできない。】

 

この文章を読んでハッとした。 私自身、テレビを観ながらなど、マルチタスク作業をすることが習慣化している。それが当たり前になってしまっているから、集中できていないことを疑問視できていないことに気づかされた。

 

音楽を流して作業をしているだけでも、注意が分散し、結果として集中できなくなっているという当たり前のことに気づかされた。改めていきたい。

 

④ 余暇の時間をとってから

 

並外れた成功を収める人は、一年の初めに休暇の計画を立てるそうだ。そして、休暇と休暇の間に仕事をしているという感覚なのだという。

 

つまり、余暇の時間を確保してから「一つのこと」に集中するための時間帯を確保しているといえる。 私自身、仕事ばかりになりキッチリ休むということがニガテな方だ。

 

これもある意味マルチタスクになるのだと思う。 「休息の時間も労働と同じくらい重要なもの」だと考えた方が良さそうだ。

 

⑤ 心に響いた言葉

 

【小さく考えれば、人生はたぶん小さいままだ。大きく考えれば、大きくなるチャンスがある。】

 

【目覚ましい成果はどれほど的を絞れるかによって決まる】

 

大きすぎる目標を立てることで、自分自身の無力感を味わったり、「無理だ」と思ってしまうことはあると思う。しかし、そもそもの目標が小さいと得られる成果も小さくなるということだろう。

 

大きな目標を立てたとしても目標を細分化し、「いますべきこと」を明確にしていけば、落ち込むことなく努力していくことができそうだと感じた。

 

ひとこと、ふたこと 

 

今までは、マルチタスクでの作業をしてしまいがちな生活だったワタクシ。

 

本書に出会い、もっと一つのことに集中し、成果を上げるために必要なことは何かを考えさせられる非常に良い機会になった。

 

「二兎を追う者は一兎をも得ず」この言葉の意味が重くのしかかってくるようだった。

 

電子書籍版はコチラ ワン・シング一点集中がもたらす驚きの効果【電子書籍】[ ゲアリー・ケラー ]

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする